大腸カメラについてのお知らせ

熊本城マラソンまで、あと10日となり、焦り始めている塩屋です(焦る前に練習しろ、という感じですが…)。

本日はひとつお知らせです。
当院では、大腸カメラの際は、前処置中の体調の変化などを観察するために、検査当日、クリニック来院後に下剤を内服して頂き、前処置が合格したのちに検査を行っております。したがって、どうしても検査は午後になることが多く、そのため、午後診療のない水曜日と土曜日は大腸カメラの受付は行っていない現状です。

しかしながら、しばしば、「平日は休めないので、土曜日に検査出来ないか?」というお尋ねをお受けしております。

そこで、暫定的ではありますが、以下のような対応を試してみたいと思います。

①大腸カメラの検査が2回目以上の方
②ご自宅で、前処置用の下剤の内服が可能な方
③事前診察で、医師が(私がですが)自宅での前処置が可能と判断した方

上記3つの条件を満たす方においては、検査当日の朝(早くから)、自宅で御自身で前処置を行って頂き(下剤を内服して頂き)、午前中に検査を行いたいと考えています。

③の事前診察や、下剤のお渡し・説明のために、検査前に一度は来院頂く必要がありますことについては、どうか御理解、御了承をお願い致します。

御不明な点がありましたら、何なりとお問い合わせください。

↑↑
当院の前処置室です。
なるべく、くつろぎながらお過ごし頂けるよう配慮しております。Wi-Fiも利用出来ます。

熊本城マラソン

水曜日午後は休診日としております。
が、この、ぽっかり空いた時間をどのように使うか、まだペースがつかめません。

今日は、熊本城マラソンの練習に、クリニック発→アクアドーム→川尻→飽田→クリニック着(新港線はきついのでカット^^;)の23kmを走ってみました。

何気に熊本城マラソン、第1回から7年連続出走中です。
今年も走ります。
全国のマラソン大会に行ってますけど、沿道の声援は熊本城マラソンが一番ですね。しかも、どこに知り合いがいるか分からないので歩けません。
今年も声援に後押ししてもらいながら完走を目指します。

胡蝶蘭に誓う

5年間、積極的治療で治療に携わらせて頂き、最期は緩和ケア病棟で看取らせて頂いた患者様のご家族から思いがけず開院のお祝いを頂きました。

ご高齢ではありましたが、病気に対する勝算があるあいだは積極的治療を頑張られ、晩年、治療が難しくなってきた際には自ら身辺整理を行い、最期が近付いてきたある朝には、病室の窓から日の出を眺め、「きれいな日の出だった。もう思い残すことはなか」と実に清々しく仰っていた姿が思い出されます。

まぎれもなく、医者は患者さんによって育てられます。

これからも目の前の患者様と真摯に向き合っていくことを、胡蝶蘭の花びらに浮かぶ優しい笑顔にお約束しました。

インフルエンザの思い出

インフルエンザがピークですね。

僕のインフルエンザの思い出といえば、広島の大学に通いながら、仮面浪人をしつつ、熊大の医学部を受験した直後にかかった時ですね。きっと、試験も終わって、気持ちも緩んだところにウイルスに攻め入れられたんだと思います。

初めてインフルエンザにかかって、「インフルエンザってこんなにきついのか!?試験が終わったあとで良かった」と思った記憶があります。ホントにキツかったですね。

ご家族に受験生や御高齢者がいらっしゃる方は、ぜひ、自分がかからないようにお気をつけください。

予防接種ワクチン、まだ在庫がありますので、お問い合わせの上、御来院ください。

 

開院1週間。

インフルエンザが猛威を奮ってますね。
皆さん、体調はいかがでしょうか。

さて、クリニックがオープンして1週間経ちました。

この間、患者様からのご質問や、お電話でお問い合わせを頂いた件につきまして、回答致します。

Q)「内視鏡専門のクリニックですか?」
A)いえ、内科全般について対応可能です。風邪などの体調不良から、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病まで、地域の皆さんのかかりつけ医として、健康な生活のお手伝いをさせて頂きます。


Q)どのような検査が出来ますか?
A)血液検査、尿検査、レントゲン、心電図、腹部エコー、胃カメラ、大腸カメラの検査が可能です。視力、聴力も含めた一般健診も対応可能です。

Q)カメラは予約が必要ですか?
A)基本的に予約制とさせて頂いてますが、胃カメラは絶食で来院して頂ければ、予約枠次第では、当日の施行が可能です。緊急制があると判断した場合も臨機応変に対応したいと考えています。

開設直後ゆえ何かと不都合もあるかと思いますが、随時、修正・補足しながら稼働させて参りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

内覧会を行いました

昨日、1月12日(土)に内覧会を執り行うことが出来ました。

元の職場の上司や同僚をはじめ、御近隣にお住まいの方々、約200名に御来訪頂きました。雨が降る時間帯もあり、足元のお悪い中でしたが、多くの方にお越し頂き、有難うございました。

また、数々のお花や記念品を頂戴し、心より感謝申し上げます。

さて、次はいよいよオープンです。

念願の地で、地域医療を行っていけることがとても楽しみです。

これから、末永くよろしくお願い致します。

追伸)近日中に、新たなホームページへ 移行予定です。

内覧会のご案内

6月に始まった工事も、半年経過し、いよいよオープンが迫ってきました。

現在、1月15日のオープンに向けて、オープニングスタッフ全員で皆様をお迎えする準備を進めています。

15日のオープンに先立ち、1月12日(土)の10:00~15:00に内覧会を行わせて頂きます。

どなた様もご都合がよろしければお気軽にお立ち寄り下さい。

 

足場が外れました

猛暑だった夏を忘れてしまうほどに、朝晩の寒さが強まり、急に冬の気配となりました。

さて、クリニックのほうは、今週末、足場が外れ、外観が姿を現し始めました。

それこそ、猛暑の頃から連日作業して頂いた現場関係者の皆様、また、ご協力頂いた近隣の皆様のお陰です。

12/14竣工に向けて、現場もラストスパートの様相です。

私たちスタッフも1月のオープンに向けて準備を整えて参ります。

ご報告

ご報告が遅くなりましたが、クリニック開設準備に専念するため、9月いっぱいで2年間勤務した鶴田病院を退職致しました。 

10月からは、ほぼすべてのエネルギーを開設準備に投入していますが、協議・判断を要することが多く、思いのほか、日々忙殺されています。想定外のことも色々とありますが、そういった案件にひとつひとつ丁寧に対応していくことも含めてクリニック経営の一つだと考えています。

私の目標は、クリニックを開設することではなく、地域住民の方々の信頼を得ながら、地域に支持して頂けるクリニックを育てていくことです。その軸だけは、決して間違うことがないよう肝に銘じながら、今後も前進していきます。

また9月末よりスタッフの求人を開始しておりましたが、お陰様で多くのお申込みを頂き、2回の面接を経て、オープニングスタッフが決定しました。

これから、1月のオープンにむけて、スタッフ一同、皆様をお迎えする準備を整えてまいります。

建物も大枠が出来上がりつつあります。足場が外れるのが楽しみです。建設にかかわってくださっている全ての方々に感謝申し上げます。

また、近隣の居住者の皆様には、日々、騒音などでご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。

最後になりましたが、退職にあたり快く送り出して下さいました前任地、鶴友会 鶴田病院http://kakuyuukai.or.jp/tsuruta/の理事長、院長はじめスタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。大変有難うございました。

上棟式&餅まきを行いました

本日、無事に上棟式と餅まきを執り行うことが出来ました。

私は宮崎出身なので、この風習は「せんぐまき」と呼んでいましたが、「餅まき」というのが一般的なんですね。
昨日まで雨だったので天気を心配していましたが、本日はまた酷暑に戻ってしまい、これはこれで大変でし た。
暑いなか、餅まきに足を運んでいただいた皆様、大変ありがとうございました。
完成までのあと ヶ月、近隣の皆様には何かとご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
HPはこちら→ https://shioya-clinic.jp/