【重要】新型コロナウイルス感染拡大状況下における当院の内視鏡検査体制について

4月9日の日本消化器内視鏡学会の提言にもとづいて更新しました(2020年4月14日更新)。

新型コロナウイルス感染症が急速に拡大しつつある現状を受けて、日本消化器内視鏡学会から内視鏡診療に関する提言が出されました。

新型コロナウイルスの感染経路は飛沫・接触感染が主であるとされており、内視鏡検査室など密閉された空間における、胃カメラ時の患者の咳嗽(咳やむせ込み)によって発生するエアロゾルや、大腸内視鏡検査時の患者の糞便を介しての医療従事者への感染リスクが問題視されています。

この内容に鑑みて、以下の条件に該当する方への緊急性のない消化器内視鏡検査・治療に関しては延期または中止を考慮するように述べられています。

1)感冒症状や37.5℃以上の発熱がある方
22週間以内の新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者との濃厚接触歴がある方
32週間以内の感染多発地域への渡航歴がある方
4)強い倦怠感や息苦しさがある方
5)明らかな誘因のない味覚・嗅覚異常がある方
6)明らかな誘因なく4−5日続く下痢等の消化器症状がある方

 

現在の日本の状況を考えますと、当院でも感染を広めるようなことが決してないように十分注意して診療にあたることは医療従事者としての責務です。

そこで当院では、内視鏡検査で来院された方全員に対して問診段階で体温チェック(検温)をさせていただくことにしました。上記(2)~(6)に該当する方、体温が37℃を超える方については内視鏡検査の延期をお願いさせていただきます。

来院されている患者さんのみならず、当院で一生懸命勤務してくれているスタッフや社会全体の安全を確保するためのやむを得ない対応でありますので、ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。

上記の通り、当院では様々なリスクに備え、万全の注意を払って診療・検査を実施しています。
新型コロナウイルス感染症を疑うような自他覚所見がない方につきましては、今まで通りの診療・検査を続けておりますので、安心してご来院ください。
ご不明な点、不安な点などがございましたらお気軽にお電話でお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

(鼻出しはNGです)

*コロナ同様、ガンを憎く思う気持ちは同じです。だから、絶対、早期で見つけます!!

発熱患者に対する当面の対応(4月6日~)

桜が綺麗な季節になりましたが、今年はコロナが憎い春ですね。
熊本でも新型コロナ感染症が流行の気配を見せ始めましたので、当院の対応としまして、下記の通りとさせて頂きます。

<対応>
37度以上の発熱患者様の診療はクリニック横のテント内にて行わせて頂きます。
車でお越しの方 ⇒ 車
自転車、徒歩  ⇒ テント内
にて待機して頂き、車内もしくはテント内から、当院にお電話下さい。

TEL 096-377-5408

その後の流れにつきましてはスタッフがお電話でお伝えさせて頂きます。

来院されている患者さんのみならず、当院の医療スタッフ、社会全体の安全を確保するためのやむを得ない対応でありますので、ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。

【企業健診を受け付けております】

あっという間に年度末、そして年度初めがやってきますね。

私たち、しおや内科・内視鏡クリニックでは、

「地域の方々のために、地域の方々とともに」をスローガンに診療させて頂いておりますが、同様に、この地域で「働く」方々の健康のお手伝いもさせて頂きたいと考えています。

~近隣企業の皆様へ~

朝は仕事のことを考え、夜は、帰りを待つご家族のことを思いながら通勤していることと思います。当院のスタッフも同じ景色を見ながら通勤しています。大事なご家族のためにも1年に1回は体のメンテナンスを受けるのも悪くないと思います。

ぜひ、当院の健診をご利用ください。

詳細はホームページをご参照ください。

内視鏡検査、腹部エコー検査含め、ハイレベルな内容で皆様の健康状態をアドバイス致します。

熊本城マラソン報告

熊本城マラソン、予告通りの格好で走ってきました。

タイムは予告通りではなかったけど、今年の極寒のコンディションでは及第点だったと思います。

寒い中、大会運営にあたってくださった関係者やボランティアの皆様、大変有難うございました。また、沿道から大きな声でご声援をくださった方々、本当にありがとうございました。

それから、なかば半強制的に応援に召集される僕の家族にも有難うございました。

写真は、クリニック近くの35km地点。

リクエストしていたコーラを次女から受け取るところです。力水でした!!

熊本城マラソン

明日は第9回熊本城マラソンですね。

僕は第1回から連続出場中です。

明日は、この格好で走ります。

今日は、待合室で皆様をお迎えする「おもてなし」をしております。

お気軽にお声掛け下さい(答えません、、、)

 

追伸:明日、マラソンの応援の方々は、当院の駐車場を利用して頂いて構いません。

あいにくの雨のようですので、風邪をひかれませんように。

箱根駅伝に想う

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

先日、クリニックがオープンして、ちょうど1年を迎えることが出来ました。

この1年、たくさんの方々に支えて頂きながら走って参りました。

新しい患者様との出会い、2度、3度とかかりつけ医院として来院くださる方も徐々に増えて、患者様の経過を診ていけることが嬉しく思います。(私は滅多に表には出ませんが)

走る…と言えば、私は小さいころからの恒例で箱根駅伝をみます。今年も当然のごとく観戦しました。

毎回、テレビの実況でランナーの想いを聞くと、一層力強い走りに感動をもらいます。今年、総合優勝を果たした青山学院大学は6分も速いタイムで新記録を塗り替えました。100mを14秒台で走ってこのタイムだそうです。あの山をこんなに速く走れるなんて!びっくりです。山は人生にもたとえられますが、私の人生は復路といったところでしょうか?

箱根の山のような高い山を登れたとは思いませんが、平たんな道で転んでもいい、ゆっくりでもいい‥毎年みる箱根駅伝のランナーのように後悔のないよう、懸命に与えられた仕事を全うできるよう、走って行けたらいいなぁと思います。

2km走っただけで、しんどくキツイなぁと思う私が、箱根を走る選手と自分の人生を重ねるのはおかしな話ではありますが、あの走りには感動や勇気、強さといった色々な感情で心動かされてしまいます。。

1年の始動にはもってこいですね。

今年はクリニックとしては2年目になります。私たちスタッフは医療者として、人として、それぞれの患者様のお役に立てるよう、3年目、4年目へと襷が繋がっていくよう一同努力し走って参ります。。

 ちなみに院長は熊本城マラソン大会1回目から連続出場しております。

毎年、色々な思いを胸に目標を立て頑張っているようです。

今年はこののぼり旗の所で応援致します。皆さん!もしお見かけされましたら気軽にお声かけ下さい。 

 本年もしおや内科・内視鏡クリニックをどうぞよろしくお願いいたします。

事務長・看護師S

3年ぶり。ただいま、済生会熊本病院

働き方改革 第2弾

土曜日の終日診療に伴い、空いた水曜日で済生会熊本病院の消化器外来を担当します(非常勤医師として)。

これで、「拠点病院→クリニック→在宅」まで、1人の患者様を、主治医が変わることなく、1人の医者が診療することが出来ます。

少しずつ目標とする医療環境が整いつつあります。

土曜診療時間変更のお知らせと、「改めて塩屋の想い」

これまで、土曜日は9時~13時の診療としておりましたが、患者様方から、

「検査を受けたいが、土日しか休めないからなかなか受診出来ない」という声をよく聞いておりました。

そこで、20201月から土曜日の診療時間を、9時~17時(受付16:45まで)に変更致しました。

これにより、例えば、土日しか休みが取れない人などにも、内視鏡検査(特に1日がかりの大腸検査)を受けて頂くことが出来るようになりました。

 

以前にもお伝えしたことがあるかと思いますが、改めて塩屋の想いです。

病気がみつかることを恐れる必要はありません。

治せる病気を見つけられるチャンスを逃すことの方が怖いのです。

日本人の2人に1人がガンになる時代と言われています。

残念ながら、癌を予防する力は、まだ今の医療にはありません。

しかし、早期に発見すれば、ガンを治す力はあります。

どうか、勇気を持って検査を受けて下さい。

 

なお、土曜日の診療時間変更に伴い、水曜日を休診とさせて頂きますので、どうぞご了承下さい。

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

20191月に産声をあげました、しおや内科・内視鏡クリニックですが、お陰様で115日に無事に開業1周年を迎えることが出来ます。

これもひとえに皆様のご指導・ご鞭撻のお陰と深く感謝申し上げます。

まだまだ至らぬ点もあると存じますが、スタッフ一同、皆さまの健康ライフのお役に立ちたい、との思いで、日々の診療に邁進していく所存です。

地域の皆様に必要とされるようなクリニックに育っていくよう努力して参る所存でございますので、今後ともご支援賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

            しおや内科・内視鏡クリニック 一同

ホスピタリティ

こんにちはスタッフのwです。

今年も残りわずかとなりましたね。

あっという間の1年だったと毎年思います・・・

 

さて、皆様のお家では何かペットを飼われていますか?

我が家にはもうすぐ2歳になるトイ・プードルがいます。

この子が家に来た当時私は先住犬を亡くしたばかりで

思い出しては涙する日々でした。

でも、そんな時は必ず私のそばに来て心配そうに顔を覗き込んだり

お気に入りのオモチャを持ってきてそっと膝の上に置いてくれたり・・・

本当に優しい良い子なんです!(犬バカですね)

そんな様子を見ているときっとこの子は自分の周りの人を常に気遣

注意深く観察しているのだなあと思います。

 

 

クリニックへ来院される患者様やご家族様は不安・心配・緊張など

色々な思いで受診されると思います。

身体的な苦痛は先生にしか取り除けないかもしれませんが、それ以

外の部分では私達スタッフにも何か出来るのでは?と常々考えてい

ます。

「このクリニックに来て良かった」と思って頂ける様に私も自分の

愛犬を見習い、ホスピタリティの精神を忘れず日々努めていきたい

と思いますので、皆様も何か気になる事があればご遠慮なくスタッ

フにお申し付け下さい。