大腸内視鏡検査の流れについて

日中の気温が真夏日を記録するようになってきましたが、皆さん、体調をくずされてはいませんか?

今回は、しばしばお問い合わせを頂く大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の流れについてご説明致します。

  • 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の流れ

検査目的(健診の二次精査、何らかの症状があっての検査希望etc…)によらず、原則として、2回来院して頂く必要がございます。

 

<1回目の来院>(事前診察)

検査目的や症状、これまでの病歴などを確認させて頂きます。検査方法の説明や、ポリープ切除の希望をうかがったうえで、検査日を決定します。

すでに、切除を要するポリープが存在することが分かっている場合には、ポリープ切除の治療日を決定することになります。

1回目の来院は、何曜日でも、午前でも午後でも構いません。欠食の必要もありません。直接、御来院頂いても構いませんが、事前にお電話で受診日・時間をご予約いただくと、よりスムーズに対応できます。

予約電話番号:096-377-5408

 

診察時にお持ちいただくもの

・保険証

・お薬手帳(お持ちの方のみ)

・健診や人間ドックでひっかかったという場合は、その検査結果一式

 

<2回目の来院>

2回目の来院時が、検査日(もしくは治療日)となります。

1回目の来院時(事前診察時)に御説明しますが、検査日(治療日)の3日前から排便を促す錠剤を1日1回眠前に内服して頂きます。

検査日(治療日)当日は、午前9時~9時半に来院後、「前処置」を行います。

「前処置」とは、腸洗浄剤を飲んで頂き(少ない方で1ℓ)、腸の中の便を全部出して、検査が可能な状態にすることです。前処置に要する時間には個人差があります。早い人では、お昼頃から検査可能となりますし、前処置に時間がかかる場合は検査開始が午後の遅い時間になることもあります。

当クリニックは、水曜・土曜が午前中のみの診療のため、検査日(治療日)は、水曜を除く平日(月・火・木・金)に予約を承っております。

前処置室には、TV、雑誌がございます。ご自身の本やパソコンを持ち込んでいただくことも可能です(Wi-Fi対応可)。

↓↓ 当クリニックの前処置室です。

 

  • 自宅で腸洗浄剤の内服を希望される方について

大腸検査が2回目以上であり、医師が自宅での腸洗浄剤の内服が可能と判断した場合には、自宅で(朝6時頃から)腸洗浄剤を内服し、前処置を済ませたあとに、クリニックへ来院して頂くこともできます。この場合、午前のうちに検査(治療)が可能となりますので、診療日であれば何曜日(月曜~土曜)でも検査(治療)が可能です。

 

  • 当クリニックで大腸内視鏡(大腸カメラ)の検査歴がある方の2回目の以降の検査については、症状がない場合は、1回目の来院(事前診察)は必要ありません。

お電話で検査日をご予約のうえ、それまでに前処置薬を受け取りにご来院ください。

↓↓ 当クリニックの内視鏡室です。

長文になってしまいましたが、ご不明な点は、何なりとクリニックまでお電話でお尋ねください。TEL:096-377-5408

「大腸内視鏡検査の流れについて」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。