便秘外来を始めました!!

たかが便秘、されど便秘、、、、

毎日の快腸生活をサポートする「便秘外来」をはじめました。

便秘の症状があると、おなかの不快感による生活の質の低下やお肌への影響など、何かと影響も多いものです。便秘の原因はさまざまで、時には重大な疾患が隠れていることもあります。たかが便秘、されど便秘、、、です。
便秘外来では、便秘の原因や種類に応じて、食生活指導や、お薬での排便コントロールを行い、快適な生活のお手伝いを致します。めざせ、快腸生活!!お困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。

追伸;先日の写真は、待合室の男子化粧室の壁面の写真です。
便秘外来の際にどうぞお立ち寄りください^^

白山通りの真ん中で愛を感じる

あっという間に今年も半分が終わり、元号まで変わり、梅雨の季節になりました。

ということは、クリニックも開設して半年ということになります。

先に開業された先輩ドクターから、「開業医は孤独との闘いだよ」と教えを受けていましたが、なるほど、先輩は嘘をつきませんね^^

そんな先日、気持ちも梅雨の天気同様、曇りな気分で車で通勤していた朝のお話。

赤信号の交差点で信号待ちをしていたところ、同じく信号待ちをしていたかかりつけの患者さん(自転車)が「せんせ~~い!!」と、それはそれは大きな声で手を振ってくださってました。まさに、白山通りの真ん中で愛を感じるかのようでした^^

お陰で、気持ちも曇り即、晴れ。それ、僕の役目なのに、こちらが元気を頂いちゃいました。

お互い元気で明日も頑張りましょう!!

 

写真はクリニック内のどこかの写真です。来院時に探してみてください。

やっぱり、メロンパン

やっぱり、メロンパン(笑)

6/9(日)東京で開催された消化器内視鏡技師セミナーに参加してきました

\(・▽・)/

 

関東は梅雨入りし、あいにくの曇り空・・・。気温は19℃。

セミナーが終わる頃には雨も降りだしていましたが、傘など持っているはずもなく方向音痴の私は暫く路上を彷徨いながらも、無事帰還いたしました。

セミナーは「医療におけるAIの進歩」。

大腸内視鏡検査において、肉眼で認識が困難な病変(ポリープなど)を見逃さないよう判断してくれるんですって。AI凄い!! おっ~と感動するばかりです。

医療は日々進歩しますね。

もちろん、セミナーだけでは終わらせません。

日帰りでしたが、短時間で浅草まで足を運び、周りのお店にも目をくれず、観光客の波を押し切って、お目当ての「花月堂のじゃんぼメロンパン」GET~ !(・∀・)!

何度食べても美味しいです。ごちそうさまでした。。。

 

 

※クリニックのスタッフは、患者様に安全な医療を提供できるよう、日々スキルアップを目指し、自己研鑽に努めています。

「貴方のかかりつけ医」として、信頼されるクリニックを全スタッフで目指しています。

何かございましたら、お気軽にご相談ください。

(看護師 完全主義者のO)

梅雨と学会と品川駅

6月、もうすぐ梅雨入りですね。

週末、東京で開催された日本内視鏡学会総会に参加してきました。

医療の世界は日進月歩で、昨日まで当たり前だったことが、今日には当たり前でなくなってしまうことがあります。

開業医になると、なかなか学会に参加することが難しくなりますが、出来る限り参加して、知識をブラッシュアップして、常に最新のエビデンスに基づいた「今日の当たり前」の医療を提供したいと思ってます。

それにしても、都会の駅はなんであんなに広いんでしょう。診察室前モニターの自己紹介で流してますが、僕は大きな建物が苦手なんです(方角が分からなくなるので)。今回も品川駅で、無駄に往復運動してきました。熊本駅くらいがちょうどいいです^^;

 

 

大腸内視鏡検査の流れについて

日中の気温が真夏日を記録するようになってきましたが、皆さん、体調をくずされてはいませんか?

今回は、しばしばお問い合わせを頂く大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の流れについてご説明致します。

  • 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の流れ

検査目的(健診の二次精査、何らかの症状があっての検査希望etc…)によらず、原則として、2回来院して頂く必要がございます。

 

<1回目の来院>(事前診察)

検査目的や症状、これまでの病歴などを確認させて頂きます。検査方法の説明や、ポリープ切除の希望をうかがったうえで、検査日を決定します。

すでに、切除を要するポリープが存在することが分かっている場合には、ポリープ切除の治療日を決定することになります。

1回目の来院は、何曜日でも、午前でも午後でも構いません。欠食の必要もありません。直接、御来院頂いても構いませんが、事前にお電話で受診日・時間をご予約いただくと、よりスムーズに対応できます。

予約電話番号:096-377-5408

 

診察時にお持ちいただくもの

・保険証

・お薬手帳(お持ちの方のみ)

・健診や人間ドックでひっかかったという場合は、その検査結果一式

 

<2回目の来院>

2回目の来院時が、検査日(もしくは治療日)となります。

1回目の来院時(事前診察時)に御説明しますが、検査日(治療日)の3日前から排便を促す錠剤を1日1回眠前に内服して頂きます。

検査日(治療日)当日は、午前9時~9時半に来院後、「前処置」を行います。

「前処置」とは、腸洗浄剤を飲んで頂き(少ない方で1ℓ)、腸の中の便を全部出して、検査が可能な状態にすることです。前処置に要する時間には個人差があります。早い人では、お昼頃から検査可能となりますし、前処置に時間がかかる場合は検査開始が午後の遅い時間になることもあります。

当クリニックは、水曜・土曜が午前中のみの診療のため、検査日(治療日)は、水曜を除く平日(月・火・木・金)に予約を承っております。

前処置室には、TV、雑誌がございます。ご自身の本やパソコンを持ち込んでいただくことも可能です(Wi-Fi対応可)。

↓↓ 当クリニックの前処置室です。

 

  • 自宅で腸洗浄剤の内服を希望される方について

大腸検査が2回目以上であり、医師が自宅での腸洗浄剤の内服が可能と判断した場合には、自宅で(朝6時頃から)腸洗浄剤を内服し、前処置を済ませたあとに、クリニックへ来院して頂くこともできます。この場合、午前のうちに検査(治療)が可能となりますので、診療日であれば何曜日(月曜~土曜)でも検査(治療)が可能です。

 

  • 当クリニックで大腸内視鏡(大腸カメラ)の検査歴がある方の2回目の以降の検査については、症状がない場合は、1回目の来院(事前診察)は必要ありません。

お電話で検査日をご予約のうえ、それまでに前処置薬を受け取りにご来院ください。

↓↓ 当クリニックの内視鏡室です。

長文になってしまいましたが、ご不明な点は、何なりとクリニックまでお電話でお尋ねください。TEL:096-377-5408

ボーダーズ参上

ボルターズが悲願の地区制覇を果たした翌日、クリニックにボルターズならぬボーダーズが出現しました。

本日、昼までの勤務終了後、帰宅するスタッフの私服がなぜか皆、ボーダー。

示し合わせたわけでもなく(もちろん制服でもなく)、たまたま偶然らしいですが、なんと息の合ったチームでしょう。

以心伝心、チームワーク抜群のメンバーで皆さんをお迎え致します!!

さあ、平成もあと1週間。

令和も元気に行きましょう!!

初めてのスタッフ日記です。

はじめまして!
当クリニック、しおや内科・内視鏡クリニックが開院して約3ヶ月経ちました!
地域で暮らす皆様のために。
      皆様とともに。
をモットーに患者様のためになる情報などをこちらでもお知らせ出来たらと思います。
今日は、簡単にスタッフの紹介をさせていただきます。
マラソン大好きしおや院長と刑事(デカ)になりたかった事務長S。
完全主義者の師長O、小料理屋の女将になりたかった看護師H、ご飯は大盛り看護師H、宮崎弁しか話せない看護師U、御朱印巡りが大好きな事務O、実は頑固な事務H、浅草のどら焼きが食べたい事務N。
個性豊かな9人で患者様をお迎えしています。
詳しくは、中待合の診察室前のモニターに先生お手製のスライドで流していますので、ご来院の際は是非是非ご覧ください!(*^_^*)
(事務H)

自己紹介スライド

診察室前のモニターに、スタッフの自己紹介をスライドで流してます。

 お待ちいただく間に眺めてみてください。

各スタッフの知らない一面が見れて、なかなか面白いです。

(スタッフのをSNSに投稿するのはNGが出ましたので、私のを掲載してみます。こんな感じです。)

 

胃がん検診受付中(既報)

健康なときに、時間とお金をかけて病院を受診するのは、なかなかハードルが高いものだと思います。

でも、どんなに性能の良い車でも数年に一度のメンテナンスが必要なように、人の体も定期的なメンテナンスが必要です。

日本人の2人にひとりが癌になると言われる時代。
そこは、すぐにどうこうできるものではないのかもしれません。
であれば、治るうちにがんを見つけてあげること、予防医療や、早期発見・早期治療の重要性を皆さんに啓蒙することが、微力ながら町医者の自分にできることかなと思っています。

あなたのためだけではなく、
あなたの大切な方のためにも、
どうか定期的な検診を受けてください。

既報になりますが、熊本市の胃がん検診が変わり、熊本市在住の50歳以上の方で、2019年度中に偶数年齢になられる方は、胃カメラ(自己負担3000円)を受けることが出来ます。
当院も胃カメラの指定医療機関に指定されています。
4月以降の受付も開始しておりますので、まずは、お電話でお問い合わせください(377-5408)。
詳しくはホームページやブログをご参照ください。

https://shioya-clinic.jp/blog/2019/03/03/胃がん検診、受け付けてます/